光コネクター

光コネクターの寸法測定

インターネット・電話をはじめ光ファイバ-を使った通信サービスの普及が進み、光ファイバーの接続部である光コネクター(フェルール)の需要が高まっています。さらに近年は動画等の大容量データの伝送が求められ、接続部での光の損失を少なくする高精度なフェルールが必要とされており、新東プレシジョンの製品がそのフェルールの精度管理に使用されています。

フェルール測定

光ファイバーで伝達される情報量を低損失にするためには、約1/100mm径のファイバーのコア同士をずれることなく接続する必要があります。
そのためフェルールのファイバー穴径・位置の加工には非常に高い精度が求められています。

測定概要
光コネクター(フェルール)

フェルール同士は2つのガイド穴を基準に、ガイドピンで接続されます。この2つのガイド穴の中心を結ぶ線を基準として、ファイバー穴の偏心量(ズレ量)と穴径を測定します。

AMICシリーズへSMICシリーズへ

アプリケーション紹介

お電話でのお問い合わせは046-248-0026まで

お問い合せフォーム